一人暮らしを始める年齢は?タイミングごとのメリット・デメリットを解説!の画像

一人暮らしを始める年齢は?タイミングごとのメリット・デメリットを解説!

賃貸×一人暮らし

一人暮らしを始める年齢は?タイミングごとのメリット・デメリットを解説!

一人暮らしを検討している方のなかには「どのタイミングで一人暮らしを始めるのが良いのだろう」と迷う方も少なくないでしょう。
一人暮らしを始めるタイミングに正解はありませんが、タイミングごとのメリットやデメリットを知っておくことは大切です。
今回は一人暮らしを検討している方に向けて「進学時」と「就職時」、「社会人になってから」の3つのタイミングに分けて、一人暮らしを始めるメリット・デメリットを解説いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

進学する年齢で一人暮らしを始めるメリット・デメリット

大学や専門学校への進学がある18~19歳で一人暮らしを始めると、自己管理能力が高まる可能性があります。
時間やお金の使い方を身をもって学べるため、生活力が付き、今後の生活の糧となるでしょう。
また学校に近い場所に住めば、移動の時間を節約して、勉学に励む時間を増やすことも可能です。
しかし基本的には仕送りやアルバイト代で生活するため、好きな物件を選べるケースはあまり多くないと考えられます。
また自己管理能力が鍛えられる反面、学業とアルバイトの両立によって疲弊してしまったり、不規則な生活になってしまう方も多くいます。
反対に自由な時間を使って遊び過ぎてしまう場合もあるので、自己節制できるかどうかが重要になるでしょう。

就職する年齢で一人暮らしを始めるメリット・デメリット

20~22歳頃に、就職を機に一人暮らしを始めるメリットは、家での時間や休日を自分のペースで自由に送れることです。
家族の予定や時間を気にする必要がなく、収入も好きな使い道に使えるため、家でも外でも自由な時間の過ごし方ができるでしょう。
また会社に通勤しやすい場所に住んで、効率的な新生活を始めることも可能です。
一方でデメリットとしては、貯金しにくいことが挙げられます。
一般的な大卒の初任給は20万円前後ですが、そこから家賃や光熱費、食費などを差し引くと残るお金は決して多くはありません。
奨学金の借り入れがある場合などは、さらに貯金がむずかしくなります。

社会人を経験した年齢で一人暮らしを始めるメリット・デメリット

社会人を数年経験した25~30歳前後は、進学時や就職時よりもある程度貯金や収入が増えているケースも多いです。
趣味に使えるお金を増やしたり、少しだけ生活の質を上げるなど、より自由度が高く安定した生活を送ることができるでしょう。
また家賃に回せるお金が増えるので、利便性の高いエリアやグレードの高い物件で暮らすことも可能です。
ただし実家にいたときの金銭感覚のままで一人暮らしを始めてしまうと、ついお金を使いすぎてしまうことも少なくありません。
実家ではかからなかった家賃や光熱費、食費などの生活費もかかるようになるため、そのままの金銭感覚では出費が収入を超えることも考えられます。
そのため自分の生活費用と家賃のバランスを考えて、お部屋を選ぶ必要があるでしょう。

社会人を経験した年齢で一人暮らしを始めるメリット・デメリット

まとめ

一人暮らしを始める年齢に正解はなく、進学後や社会人になってからでも一人暮らしを始められます。
今後のライフプランをよく考えたうえで、一人暮らしを始めるタイミングを判断しましょう。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!

”賃貸×一人暮らし”おすすめ記事

  • 一人暮らしの部屋に観葉植物を置くと良い理由やおすすめの観葉植物をご紹介の画像

    一人暮らしの部屋に観葉植物を置くと良い理由やおすすめの観葉植物をご紹介

    賃貸×一人暮らし

  • 賃貸物件で一人暮らしをするのに適した間取りについて解説の画像

    賃貸物件で一人暮らしをするのに適した間取りについて解説

    賃貸×一人暮らし

  • 一人暮らしの家賃の目安は?新社会人の生活費とはの画像

    一人暮らしの家賃の目安は?新社会人の生活費とは

    賃貸×一人暮らし

  • 賃貸物件の専有面積とは?一人暮らしに必要な専有面積について解説の画像

    賃貸物件の専有面積とは?一人暮らしに必要な専有面積について解説

    賃貸×一人暮らし

もっと見る