賃貸物件で合鍵を作る時の注意点と作成場所・費用をご紹介の画像

賃貸物件で合鍵を作る時の注意点と作成場所・費用をご紹介

その他

賃貸物件で合鍵を作る時の注意点と作成場所・費用をご紹介

賃貸マンションやアパートなどを借りた際、スペアキーをもらったとしても鍵の合計は2~3本が多いでしょう。
入居者が多いファミリー世帯の場合は、足りないなり合鍵を作成しなければならない状況になります。
そこで今回は、賃貸物件を借りた際、合鍵を作るときの注意点とどこで作成するのか、費用はいくらかかるのか目安をご紹介します。
ぜひ、賃貸物件などを検討している方、または入居中で合鍵が必要な方は記事をチェックしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で合鍵を作成するときの注意点

注意点は、勝手に大家さんや管理会社の許可なくスペアキー(合鍵)を作成することはしてはいけないことです。
理由は、賃貸物件の所有者は大家さんまたは管理会社であり、入居者は、借りている立場だからです。
そのため、合鍵が足りない場合は、所有者に理由を話し、作成の許可を取ってから進めましょう。
また、退去時には作成した合鍵をすべて返却する必要があります。
管理や防犯上の理由があるため、紛失した場合などは、その都度申し出ましょう。
ケースによっては、鍵交換をしなければなりません。

賃貸物件の合鍵はどこで作成するの?

一般的に知られている合鍵を作成する場所は、ホームセンターや靴修理を扱う修理会社などです。
しかし、近年防犯上の関係でメーカー純正のみしか扱えない鍵も出てきています。
そのため、どこで作成したら良いのかを大家さんまたは管理会社へ確認する必要があります。
相談する際に自分で依頼して合鍵を作成できるものなのか、メーカーや指定があるのかを確認しましょう。
また、合鍵から合鍵を作成する場合は、元鍵と誤差が障子、使用できないことや鍵穴を傷つけてしまうケースもあります。
作成する際には、元鍵を持参しおこないましょう。

賃貸物件で使われる鍵の種類と合鍵の費用はいくら?

賃貸物件で使われる鍵は、ディスクシリンダー錠やディンプルシリンダー錠、ピンタンブラー錠の3種類です。
一般的に使われている鍵の両端に唐突があるタイプのディスクシリンダー錠は、300〜800円ほど、5分ほどで作成できます。
鍵の行面に唐突があるディンプルシリンダー錠は複雑な構造になっており、セキュリティ性能が高いため作成費用は3,000〜5,000円ほどかかり1時間前後作成にかかります。
鍵の片側のみに唐突があるピンタンブラー錠は、ケースバイケースでその場ではセキュリティ面の関係上作成できない可能性もあるでしょう。
その場で合鍵作成可能だった場合は、1,000円くらいの費用で5〜10分です。
しかし作成できなかった場合は、取り寄せとなり相場より高くなるでしょう。

賃貸物件で使われる鍵の種類と合鍵の費用はいくら?

まとめ

賃貸物件の合鍵は、勝手に作成してはいけません。
あくまでもお部屋を借りている立場であり、所有者は大家さんまたは管理会社です。
防犯上の問題などがあるため、合鍵が必要になった場合は所有者へ相談をおこないましょう。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


”その他”おすすめ記事

  • 部屋の広さが10畳とは具体的にどれくらいになるのか要点を解説の画像

    部屋の広さが10畳とは具体的にどれくらいになるのか要点を解説

  • 賃貸住宅の設備のひとつ!バランス釜とはどのようなものか解説の画像

    賃貸住宅の設備のひとつ!バランス釜とはどのようなものか解説

  • 賃貸で別荘を借りる際の契約期間はいつまで?メリットとポイントを解説!の画像

    賃貸で別荘を借りる際の契約期間はいつまで?メリットとポイントを解説!

  • 災害時の備えはできていますか?マンションにおける防災対策や防災設備の画像

    災害時の備えはできていますか?マンションにおける防災対策や防災設備

  • 賃貸でDIYしよう!ディアウォールの種類や棚の作り方をご紹介の画像

    賃貸でDIYしよう!ディアウォールの種類や棚の作り方をご紹介

  • 賃貸物件での畳の交換や修繕費用は誰が負担するのか?費用相場もご紹介!の画像

    賃貸物件での畳の交換や修繕費用は誰が負担するのか?費用相場もご紹介!

もっと見る