災害時の備えはできていますか?マンションにおける防災対策や防災設備の画像

災害時の備えはできていますか?マンションにおける防災対策や防災設備

その他

災害時の備えはできていますか?マンションにおける防災対策や防災設備

地震や台風が多い日本では、常日頃から「災害時の備えをしましょう」といわれています。
しかし、いざ準備をしようとすると面倒くさくなったり、何を準備すれば良いのかわからなかったりと、後回しにしてしまっている方は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、非常時の備えの重要性やマンションにおける防災対策、マンションにある防災設備について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

過去の大震災から学ぶマンションにおける災害時の備えの重要性

近年日本で起きた大震災で記憶が新しいのは、東日本大震災や阪神淡路大震災です。
どちらも大勢の死傷者が出ましたが、どちらもマンション自体の倒壊による被害は少ないものでした。
東日本大震災においてはマンションの倒壊はゼロ、阪神淡路大震災では約9割は無被害または軽微な被害であったとされています。
東日本大震災では津波による被害が致命的でしたが、阪神淡路大震災では強い揺れによる家具の転倒で下敷きになるなど多くの死傷者が出ました。
つまり、家具の転倒対策は命を守るうえで重要だということです。
また、どちらの大震災においても電気やガス、水道といったライフラインが停止したことによって多くの方々が避難生活を強いられました。
建物自体は無事でも、ライフラインが停止する恐れがあることを忘れてはなりません。

マンションで普段から備えておくべき具体的な防災対策とは

マンションは、上層階になればなるほど揺れが強くなるため、家具が転倒しないよう固定しておくことが重要です。
家具の転倒を防ぐことで下敷きになるリスクを軽減できるほか、避難経路を確保しやすくなります。
次に、ライフラインが停止したときのために食料や水を備蓄しておきましょう。
人数分の食料を1週間分備蓄するのが理想ですが、置いておくスペースがない場合は最低でも3日分備蓄しておきましょう。
そのほか、懐中電灯やラジオ、電池、カセットコンロなどの防災グッズもあれば安心です。

マンションに設置されている防災設備について把握しておこう

設置されている防災設備はマンションによって異なるため、事前に把握しておきましょう。
停電時に活躍する発電機のほか、揺れを感知すると自動で消火するガスコンロや閉じ込められない仕組みのエレベーターなどがあります。
自分のマンションの防災設備を把握することは、いざという時の判断材料になるでしょう。

マンションに設置されている防災設備について把握しておこう

まとめ

マンションにおける防災対策と防災設備について解説しました。
非常時の備えはつい後回しにしがちですが、事前に対策しておくことで命が助かる確率が上がります。
自分や家族の命を守るためにも、日頃から防災対策をしておきましょう。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


”その他”おすすめ記事

  • 部屋の広さが10畳とは具体的にどれくらいになるのか要点を解説の画像

    部屋の広さが10畳とは具体的にどれくらいになるのか要点を解説

  • 賃貸住宅の設備のひとつ!バランス釜とはどのようなものか解説の画像

    賃貸住宅の設備のひとつ!バランス釜とはどのようなものか解説

  • 賃貸で別荘を借りる際の契約期間はいつまで?メリットとポイントを解説!の画像

    賃貸で別荘を借りる際の契約期間はいつまで?メリットとポイントを解説!

  • 賃貸物件で合鍵を作る時の注意点と作成場所・費用をご紹介の画像

    賃貸物件で合鍵を作る時の注意点と作成場所・費用をご紹介

  • 賃貸でDIYしよう!ディアウォールの種類や棚の作り方をご紹介の画像

    賃貸でDIYしよう!ディアウォールの種類や棚の作り方をご紹介

  • 賃貸物件での畳の交換や修繕費用は誰が負担するのか?費用相場もご紹介!の画像

    賃貸物件での畳の交換や修繕費用は誰が負担するのか?費用相場もご紹介!

もっと見る