賃貸物件でペット禁止である理由は?交渉のポイントもご紹介の画像

賃貸物件でペット禁止である理由は?交渉のポイントもご紹介

賃貸×ペット

賃貸物件でペット禁止である理由は?交渉のポイントもご紹介

賃貸物件では、ペットの飼育は禁止の場合がほとんどです。
ここでは「ペットを飼いたい」と考えている方に向けて、禁止されている理由や交渉のポイント、小動物などは飼えるのか、などの点についてご説明していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でペットの飼育が禁止されている理由

賃貸物件では、ペット禁止のことが一般的です。
その理由は、汚れやにおい、また隣人トラブルなどにあります。
まずペットを飼うことによって、部屋に汚れやにおいがついてしまう点が、ペット禁止の最大の理由です。
においや傷がつくと退去時の原状回復が難しくなり、結果的に敷金額を大きく上回ることにつながります。
クリーニングや修繕に時間もかかるため、ペットの飼育は禁止とする大家さんが多いのです。
鳴き声などが原因で隣人とトラブルになってしまう恐れがある点も、ペット禁止になる理由の1つとして挙げられます。
またマンションやアパートなどの集合住宅に多い共用部分が汚れてしまい、苦情につながるケースも考えられます。

交渉次第では賃貸物件でもペットを許可してもらえるのか

ここまで、賃貸物件の多くがペット禁止としているとご説明しましたが、交渉次第では許可をもらえるケースも存在します。
人口の減少や少子高齢化が進む近年、賃貸物件の空室率が高まりつつあります。
そのため、近年ではペット可とする大家さんも増えているのです。
ペット飼育の許可をもらうポイントとしては、まず何よりも入居前に相談することが重要です。
すでにさまざまな条件に同意して契約した入居後だと、交渉は難しくなります。
もちろん、大家さんや管理会社に内緒でペットを飼育することは禁止ですので、入居前に大家さんに相談してみましょう。
また閑散期を選ぶこと、対策をしっかり伝えることも大きなポイントです。
賃貸業界の閑散期である夏のタイミングに、においや鳴き声への対策方法をしっかりと伝えたうえで相談すると、交渉の成功率向上が期待できるでしょう。

ペット禁止でも小動物や爬虫類は飼える?

ペット禁止の賃貸物件でも、ハムスターや昆虫、魚や爬虫類などは飼えるのでしょうか。
まず、ハムスターなどの小動物は、ゲージなどから出さないという条件で許可をもらえる場合があります。
小動物の場合でも必ず許可が必要なので、契約前によく確認してください。
また、魚や昆虫などの爬虫類に関しても大家さんの判断次第です。
魚などは大目に見る方もいれば、どんな生き物でも許可できないという大家さんもいます。
許可されるとしても、小型種の動物のみと考えたほうが良いでしょう。
ペット不可の物件では、ペットの種類を問わず、事前に相談することが必須です。
また賃貸借契約書にも、ペットに関しての記述があるので、サインをする前によく確認することが大切です。

ペット禁止でも小動物や爬虫類は飼える?

まとめ

今回ご説明したように、賃貸物件ではさまざまな理由から、ペットの飼育が禁止されています。
ペットを飼いたいという方はぜひご紹介したポイントを抑えたうえで、交渉に挑みましょう。
また家賃や敷金、礼金を多めに支払うという方法も交渉に使えますので、ぜひ参考にしてみてください。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


”賃貸×ペット”おすすめ記事

  • マンションでの犬飼育!人気かつマンション飼育に向いている犬種とはの画像

    マンションでの犬飼育!人気かつマンション飼育に向いている犬種とは

  • マンション住まいをする場合に向いている猫の特徴と人気の種類をご紹介の画像

    マンション住まいをする場合に向いている猫の特徴と人気の種類をご紹介

  • ペット可の賃貸物件で爬虫類を飼う場合に知っておきたいポイントとはの画像

    ペット可の賃貸物件で爬虫類を飼う場合に知っておきたいポイントとは

  • ペット共生型賃貸とは?特徴や便利な設備についてもご紹介の画像

    ペット共生型賃貸とは?特徴や便利な設備についてもご紹介

  • ペット飼育の交渉は賃貸物件の入居後でもできる?交渉のコツをご紹介の画像

    ペット飼育の交渉は賃貸物件の入居後でもできる?交渉のコツをご紹介

もっと見る