手取り30万円の場合の家賃の目安や生活レベルをご紹介の画像

手取り30万円の場合の家賃の目安や生活レベルをご紹介

生活ノウハウ

手取り30万円の場合の家賃の目安や生活レベルをご紹介

収入によって選べる賃貸物件は異なり、家賃の金額によって生活レベルも変化します。
この記事では手取り30万円の場合の家賃の目安や生活レベルについてご紹介します。
一人暮らしの場合と二人暮らしの場合での考え方の違いもご紹介しますので、参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

手取り30万円の家賃の目安は

一般的な家賃の目安は、手取り収入の3割と言われています。
つまり、手取り30万円の場合は10万円が家賃の目安と言えるでしょう。
しかし、現在では生活スタイルが異なってきます。
物価の上昇により少しでも家賃を抑えたいと考える人もいるでしょう。
また、テレワークが主流になったことで自宅での過ごし方に重点を置く方もいます。
つまり手取り30万円の場合は8〜12万円の間で自分の優先するものを基準に決めると良いでしょう。

家賃別に公開!手取り30万円の一人暮らしの生活レベル

一人暮らしで手取り30万円となると余裕を持って生活をすることができます。
そのなかでも家賃を8万円ほどに抑えた場合だと貯金に充てるお金も増え、自由に使えるお金が増えます。
一般的な手取りの3割程度の10万円を家賃に充てても節約なしで貯金や自由費の確保ができるでしょう。
また、10万円ほど家賃に充てると賃貸物件の幅も広がり、駅近や設備の良さで選ぶことができます。
そして家賃12万円と住まいにお金をかけて場合は、人気のエリアでも物件を決めることができます。
ただ、貯金をするとなると少し節約が必要です。
携帯料金を格安プランに変更するなどして工夫すると良いでしょう。

手取り30万円での二人暮らしの生活

二人暮らしとなると節約できる部分とできない部分が発生します。
家賃もあまり安いところだと狭さや部屋数が足りず、トラブルになるかもしれません。
10万円ほどで1LDK〜2LDKの間取りを選択すると良いでしょう。
また光熱費や食費なども一人暮らしの場合よりも増えます。
貯金をするのであれば、お互いに仕事をすることをおすすめします。
これから結婚、子どもを考えるとある程度の広さが必要になります。
エリアを工夫することで30㎡以上の余裕ある広さの住まいに暮らすことができます。
二人暮らしの場合は一人暮らしのときよりも将来のことを踏まえて部屋選びをしましょう。

手取り30万円での二人暮らしの生活

まとめ

手取り30万円を基準に家賃の目安や生活レベルをご紹介しました。
一人暮らしであればある程度の貯金をしつつ、快適な住まいに住めるでしょう。
二人暮らしの場合は、ある程度工夫が必要です。
将来のことも考えてお互いの仕事のことや部屋選びは慎重におこないましょう。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!

”生活ノウハウ”おすすめ記事

  • 賃貸物件におけるガスの種類ごとの特徴をご紹介の画像

    賃貸物件におけるガスの種類ごとの特徴をご紹介

    生活ノウハウ

  • 古い和室のメリットとおしゃれに見せる方法について解説の画像

    古い和室のメリットとおしゃれに見せる方法について解説

    生活ノウハウ

  • 賃貸物件のエアコンを交換したい!自己判断で交換することは可能かご紹介の画像

    賃貸物件のエアコンを交換したい!自己判断で交換することは可能かご紹介

    生活ノウハウ

  • エアコン掃除を自分でできる範囲と掃除方法について、プロの掃除内容もご紹介の画像

    エアコン掃除を自分でできる範囲と掃除方法について、プロの掃除内容もご紹介

    生活ノウハウ

  • 賃貸退去時の掃除はどうしたら良い?キッチンや浴室の掃除方法をご紹介の画像

    賃貸退去時の掃除はどうしたら良い?キッチンや浴室の掃除方法をご紹介

    生活ノウハウ

  • 賃貸物件にネズミが発生した場合の駆除費用や引っ越し費用の負担について解説の画像

    賃貸物件にネズミが発生した場合の駆除費用や引っ越し費用の負担について解説

    生活ノウハウ

もっと見る