賃貸物件での生ゴミの保管はどうする?方法についてご紹介の画像

賃貸物件での生ゴミの保管はどうする?方法についてご紹介

生活ノウハウ

賃貸物件での生ゴミの保管はどうする?方法についてご紹介

生ゴミをどのように保管すれば良いのか、頭を悩ませる方もいるのではないでしょうか。
とくに賃貸物件で生活する場合は、近隣住人への迷惑を避けるためにも、より注意が必要だといえるかもしれません。
ここでは、賃貸物件で生ゴミを保管する際の方法などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で生ゴミを放置するとどんなデメリットがあるのか?

生ゴミを放置していると、すぐに嫌なにおいが発生し、部屋全体に影響してくるようになります。
とくに暑い季節は適切な取り扱いをしなければならず、対処法を間違うと、においだけでなく、虫が発生したり、カビがはえたりするなど、多くのデメリットがあります。
このような不快な状況を避けるためにも、生ゴミはできるだけ早めに処分することが鉄則だといえるでしょう。
においやカビを避けるためにいろいろな方法がありますが、それでもやはり早めに捨ててしまうことが一番の対処法です。

賃貸物件で生ゴミを保管するためのおすすめの方法とは?

先にご紹介したように、一番の対処法は、放置せず早めに捨ててしまうことです。
また、できるだけ水分を取り除いてから捨てるようにしたり、フタつきの専用のゴミ箱を使ったりしながら、適切に処分することも大切なことです。
おすすめの方法がいくつかご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

新聞紙を使用する

その日に出た生ゴミを、それぞれ新聞紙に包んで専用のゴミ箱に捨ててください。
においを軽減することが期待できます。

冷蔵庫で保管する

暖かい場所よりも、できるだけ温度の低い場所で保管したほうが、傷みが抑えられます。
小袋などに入れて、ゴミ出しの日まで冷蔵庫で保管するのもおすすめです。

消臭スプレーを使用する

専用の消臭アイテムを賢く使うのも良い方法です。

処理機を使用する

賃貸物件でも使えるような小さめサイズの生ゴミ処理機もあるので、こちらを利用してみるのもおすすめです。
音の心配がないものを選ぶのがコツです。

そのほかの注意点について

ベランダで保管する場合は、日陰に置くなどしてできるだけ傷まないような場所で保管をしてください。
また、鳥にいたずらされないように工夫しておきましょう。

まとめ

賃貸物件で生ゴミを保管する際は、いろいろな注意点があります。
新聞紙を使ったり、捨てる日まで冷蔵庫で保管したりするなど、いろいろな方法がありますので試してみてください。
生ゴミを適切に処理しなければ、においやカビなどの心配があるので、きちんと対応するようにしましょう。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”生活ノウハウ”おすすめ記事

  • 手取り30万円の場合の家賃の目安や生活レベルをご紹介の画像

    手取り30万円の場合の家賃の目安や生活レベルをご紹介

    生活ノウハウ

  • 賃貸物件におけるガスの種類ごとの特徴をご紹介の画像

    賃貸物件におけるガスの種類ごとの特徴をご紹介

    生活ノウハウ

  • 古い和室のメリットとおしゃれに見せる方法について解説の画像

    古い和室のメリットとおしゃれに見せる方法について解説

    生活ノウハウ

  • 賃貸物件のエアコンを交換したい!自己判断で交換することは可能かご紹介の画像

    賃貸物件のエアコンを交換したい!自己判断で交換することは可能かご紹介

    生活ノウハウ

  • エアコン掃除を自分でできる範囲と掃除方法について、プロの掃除内容もご紹介の画像

    エアコン掃除を自分でできる範囲と掃除方法について、プロの掃除内容もご紹介

    生活ノウハウ

  • 賃貸退去時の掃除はどうしたら良い?キッチンや浴室の掃除方法をご紹介の画像

    賃貸退去時の掃除はどうしたら良い?キッチンや浴室の掃除方法をご紹介

    生活ノウハウ

もっと見る