賃貸物件で鍵を紛失した場合の対応とかかる費用はいくら?の画像

賃貸物件で鍵を紛失した場合の対応とかかる費用はいくら?

賃貸×お金のこと

賃貸物件で鍵を紛失した場合の対応とかかる費用はいくら?

鍵をどこかに置き忘れてしまったり、子どもに鍵を持たせていたがなくしてしまった、といった事例はよくあります。
そこで今回は、賃貸物件の鍵を紛失した場合の対応と業者に鍵を開けてもらう費用と時間、退去時にどうなるのかを解説します。
賃貸物件に住んでいる方で鍵を紛失してしまった方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で鍵を紛失してしまったときの対応とは?

まずは思い当たる場所や心当たりのあるところなどを探してみて、見つからなければ警察に遺失届を出しましょう。
あわせて大家さんまたは管理会社へ連絡をして、鍵を紛失したことの報告と、解錠を依頼する指定の業者があるかの確認をしましょう。
賃貸物件はあくまでも借りているもので、所有権は大家さんまたは管理会社にありますので、勝手に業者を呼んでしまうと後々問題になるケースもあります。
ただし、掃除をしていて失くしたなど家のなかにあることが明確な場合は、1〜2週間を目安にスペアキーなどで対応しましょう。

賃貸物件で鍵を紛失した際の開けてもらう費用はいくら?

鍵を開けてもらう場合の費用は5千円〜8千円ほどが目安です。
ただし鍵の種類や依頼する業者により異なるため、8千円以上の場合もあるでしょう。
なかでもディンプルキーと言われる防犯性が高いタイプは技術が必要なため、費用が高額になる傾向があります。
また、特別な工具や鍵を壊さなければならないケースもあります。
作業時間は、一般的な鍵であれば15分ほどで開けられます。
なお、鍵の紛失は借主の責任となり、自己負担が必要なため注意しましょう。

賃貸物件の退去時に鍵を紛失した場合の鍵交換費用について

一般的な賃貸物件は借主が変わるときに鍵を交換していますが、その費用については物件によって、大家さんまたは管理会社が負担している場合と借主が負担しているの場合があります。
そのため、借主が入居時に負担している場合は負担なしとなることが多いでしょう。
ただし、悪用されるリスクがあるため、鍵交換費用を請求される可能性も考えられます。
なお、賃貸借契約書では鍵を紛失した場合、損害賠償金や交換費用の設定がされているのが一般的です。
まずは、退去時に賃貸借契約書を確認してみましょう。

賃貸物件の退去時に鍵を紛失した場合の鍵交換費用について

まとめ

賃貸物件で鍵を紛失した場合は、あわてず一日の行動を振り返り探すことが大切です。
外出中に失くした場合は、警察に届け出および大家さんまたは管理会社へ連絡をし、指示を仰ぎましょう。
なお、スペアキーを持っていることが多いため、大家さんまたは管理会社で対応してくれるケースもあります。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸×お金のこと”おすすめ記事

  • 賃貸物件の更新料を支払う流れと支払わないリスクを解説!の画像

    賃貸物件の更新料を支払う流れと支払わないリスクを解説!

  • 額面年収400万円の方の生活!手取り収入や家賃の目安と生活レベルとはの画像

    額面年収400万円の方の生活!手取り収入や家賃の目安と生活レベルとは

  • 女性が一人暮らしするのにかかる費用の目安や貯金のコツをご紹介の画像

    女性が一人暮らしするのにかかる費用の目安や貯金のコツをご紹介

  • 一人暮らしはお金がかかる?賃貸物件の家賃相場や生活費の目安についてご紹介の画像

    一人暮らしはお金がかかる?賃貸物件の家賃相場や生活費の目安についてご紹介

  • 防音対策について!賃貸物件でもできるリフォームなしの方法とはの画像

    防音対策について!賃貸物件でもできるリフォームなしの方法とは

  • 賃貸借契約を結ぶ際の必要書類とその発行方法について解説の画像

    賃貸借契約を結ぶ際の必要書類とその発行方法について解説

もっと見る