防音対策について!賃貸物件でもできるリフォームなしの方法とはの画像

防音対策について!賃貸物件でもできるリフォームなしの方法とは

賃貸×お金のこと

防音対策について!賃貸物件でもできるリフォームなしの方法とは

賃貸物件での生活を考えている方のお悩みの1つに、近隣の騒音があります。
隣の住戸や上の階からの音も気になりますが、自宅から出る音で隣や下の階の住民に迷惑をかけないか心配というお悩みもあるようです。
そこで、賃貸物件でできる防音対策をご紹介します。
すでにお住まいの方も、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

リフォームできない賃貸物件でも床の防音対策ができる!

賃貸物件はリフォームができないので、フローリングなどの防音対策は難しいと諦めている方もいるようです。
しかし、大掛かりな工事をしなくても、生活音程度であればちょっとした工夫で対処ができます。
まずは、床に対する音の種類を確認していきましょう。
音には、重いものが落ちたときの重量床衝撃音と、普通に歩いたときの音である軽量床衝撃音の2種類があります。
重量床衝撃音は子どもが走り回る音や、ベッドから飛び降りたときに発する音です。
小さなお子さんがいる場合は、防音マットを敷いて、その上にカーペットを敷くことで多少は音をやわらげられるでしょう。
軽量床衝撃音は普通に歩く音や、軽い食器を落としたときの音です。
こちらも、マットを敷くことでやわらげられます。

壁の防音対策はどうする?賃貸物件での音のポイントとは

賃貸物件で防音対策をするなら、壁への対処はしっかりしておきましょう。
音は振動で伝わって響くので、天井からの音が壁に伝わって聞こえることがあるのです。
ポイントは、吸音・遮音・防振になります。
吸音とは、部屋の中で発生した音を吸収する効果です。
吸音性があるシートを貼ると、部屋の中から外へ音が漏れるのを防いでくれるでしょう。
遮音性というのは音を遮断するもので、防振性とは音が伝わるのを防ぐものです。
シートを利用しなくても、壁際に家具を置くだけで音が伝わりにくくなるので試してみましょう。
また、壁についている窓から音が漏れることがあるので、遮音性のカーテンを利用するなど、窓にも対策をしておくと良いでしょう。

天井の防音対策も可能?賃貸物件でできること

壁などへの防音対策は、自分の部屋から他の部屋へ音を漏らさないようにする方法です。
しかし、賃貸物件の上階の音が気になる場合は、天井にも手を加えなければいけません。
天井にも、防音シートや遮音シートを貼りつけることは可能です。
ですが、それでも天井からの音が気になる場合は、主な生活スペースを変えてみるのも1つの方法です。
いつも音が気になる部屋の隣をリビングとして使用する、というような方法になります。

まとめ

賃貸物件でできる、音への対処法をご紹介しました。
ある程度は対処できますが、生活音は無くせないことを念頭に置いておきましょう。
夜中に爆音で音楽を聞いているなどのケースであれば自分で解決しようとせず、まずは大家さんや管理会社に相談するのがおすすめです。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸×お金のこと”おすすめ記事

  • 賃貸物件の更新料を支払う流れと支払わないリスクを解説!の画像

    賃貸物件の更新料を支払う流れと支払わないリスクを解説!

  • 額面年収400万円の方の生活!手取り収入や家賃の目安と生活レベルとはの画像

    額面年収400万円の方の生活!手取り収入や家賃の目安と生活レベルとは

  • 賃貸物件で鍵を紛失した場合の対応とかかる費用はいくら?の画像

    賃貸物件で鍵を紛失した場合の対応とかかる費用はいくら?

  • 女性が一人暮らしするのにかかる費用の目安や貯金のコツをご紹介の画像

    女性が一人暮らしするのにかかる費用の目安や貯金のコツをご紹介

  • 一人暮らしはお金がかかる?賃貸物件の家賃相場や生活費の目安についてご紹介の画像

    一人暮らしはお金がかかる?賃貸物件の家賃相場や生活費の目安についてご紹介

  • 賃貸借契約を結ぶ際の必要書類とその発行方法について解説の画像

    賃貸借契約を結ぶ際の必要書類とその発行方法について解説

もっと見る