賃貸物件で表札を出すべき?メリットとデメリットとは?の画像

賃貸物件で表札を出すべき?メリットとデメリットとは?

賃貸トラブル

賃貸物件で表札を出すべき?メリットとデメリットとは?

近年、防犯の兼ね合いにより表札を出さない方が増えています。
そこで今回は、表札を出すべきか、出さないべきかの判断材料としてメリットとデメリットをご紹介します。
お部屋探しをしている方や、現在賃貸物件に住んでいる方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で表札を出すメリット

メリットは、同じ苗字の方などの郵便物などが間違えて配達されないことや外観の見た目がおしゃれにできることです。
また、ご近所さんに名前を覚えてもらいやすくなり、交流がしやすくなります。
賃貸物件は借りている住まいのため、玄関前にお花やものを置いたり、飾ったりすることができません。
しかし表札は許されており、おしゃれにカスタマイズなどができるため、ワンポイントになるでしょう。
近所の方に名前を覚えてもらうことで、不審者がいたり、なにかトラブルがあった場合に助けてもらえるケースもあります。

賃貸物件で表札を出すデメリット

デメリットは、個人情報の流出やセールスの訪問がされやすくなることです。
また、ストーカー被害に遭うリスクも高まるのもデメリットのひとつと言えます。
そのため、近年は表札を出さない選択をする方も多くいます。
また、空き巣の標的のマークに使われることもあるため、家族全員のフルネームを出すのではなく世帯の代表者だけを表示するなど、限定してる方もいるのです。
漢字の表札以外にもローマ字を使用した表札もあるため、個人情報を表に出すのは最小限に抑えると良いでしょう。
なかでも女性の一人暮らしでは犯罪に巻き込まれやすくなるため、フルネームや女性らしい可愛いデザインにはしないほうが安心です。

賃貸物件で表札を出す付け方とは?

賃貸物件で使う表札に、費用を掛けるのはもったいないという方もいます。
手軽に取り付けできるものでおすすめは、表札にチェーンが付いているタイプです。
チェーンをかけるフックは、マグネットフックや貼って剥がせるフィルムフックなどを活用すると良いでしょう。
取り付けるために穴などを開けてしまうと退去時の原状回復費用が必要となるので、気をつけてください。
なお、一戸建て住宅のように立派な表札を作成する方もいます。
その場合も、原状回復費用がかからない付け方を検討しましょう。

賃貸物件で表札を出す付け方とは?

まとめ

賃貸物件で表札を出すと、ご近所との交流が円滑になりトラブルなどの際に助けてもらえる、誤配送などが少なくなるといったメリットがあります。
一方で、犯罪などのリスクやセールスの訪問がされやすいというデメリットもあります。
名前の表示の仕方を工夫やシンプルな表札にすることで、被害を最小限に抑えることもできるので必要に応じて表札を出すことを検討してみましょう。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸トラブル”おすすめ記事

  • 賃貸物件の初期設備とは?破損したときの対応や注意点を解説!の画像

    賃貸物件の初期設備とは?破損したときの対応や注意点を解説!

  • 賃貸物件を借りるために行われる入居審査について解説の画像

    賃貸物件を借りるために行われる入居審査について解説

  • 賃貸物件にコバエ発生!その原因や駆除方法および発生の予防策とは?の画像

    賃貸物件にコバエ発生!その原因や駆除方法および発生の予防策とは?

  • アパートに蟻が大量発生した時の駆除方法とは?発生の理由や対策をご紹介の画像

    アパートに蟻が大量発生した時の駆除方法とは?発生の理由や対策をご紹介

  • アルミサッシの窓を使った賃貸物件で寒さ・結露対策する方法をご紹介の画像

    アルミサッシの窓を使った賃貸物件で寒さ・結露対策する方法をご紹介

  • シバンムシとは?発生源や駆除方法・対策を解説!の画像

    シバンムシとは?発生源や駆除方法・対策を解説!

もっと見る