賃貸物件で利用できる電子契約とは?メリットとデメリットもご紹介!の画像

賃貸物件で利用できる電子契約とは?メリットとデメリットもご紹介!

賃貸物件の選び方

賃貸物件で利用できる電子契約とは?メリットとデメリットもご紹介!

賃貸物件を借りる手続きは対面でおこなうのが通例でしたが、今後は電子契約も選べる可能性があります。
必要に応じて便利な方法を使えるよう、電子契約の詳細をぜひチェックしてみてください。
今回は、電子契約とは何か、賃貸物件を借りる際に使用するメリットとデメリットはどのようなものかをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件を借りる前にチェック!電子契約とは

電子契約とは、諸々の契約手続きをITの活用によってオンライン上で終わらせる方法です。
賃貸物件を借りる際に必要な重要事項説明にはIT重説、すなわちテレビ電話などで入居希望者に大切な案内をおこなう方法が用いられます。
さらに、賃貸借契約書や重要事項説明書の交付や署名も電子データ上で実施できるよう、国土交通省が社会実験をおこないました。
その結果、紙の書類の発行や使用は必要ないとの判断にいたり、ITを駆使して遠隔地から賃貸物件を借りるのも現実的となったのです。

賃貸物件を電子契約で借りるメリット

賃貸物件を電子契約で借りる場合、入居手続きに手間があまりかかりません。
重要事項説明などは変わりなくおこなわれるものの、前述のとおり方法はテレビ電話などになるため、入居手続きを進めるために特定の場所へ出かける必要がないのです。
交通費などの費用も節約できるうえ、自宅から特定の場所まで往復する手間もなくなるおかげで、入居手続きにかかる時間も短縮されます。
総じて手軽なために事前の日程調整もそれほど必要ないので、家事や仕事などで忙しい方にもおすすめです。
進学や転勤などにともなって現住所から遠く離れた地域で新居を借りるときなどには、電子契約のメリットをとくに実感しやすいでしょう。

賃貸物件を電子契約で借りるデメリット

電子契約を用いても契約内容などは基本的に変わりませんが、取り決めの全体像を把握するのは少し難しくなります。
電子データは一度に閲覧できる範囲が紙の書類よりも限られやすく、全体に目を通すのに少し時間や手間がかかってしまうからです。
また、電子契約は一定以上のインターネット環境がないと使えません。
テレビ電話などを遅延なくおこなえるだけの回線が自宅にない場合、十分な環境を先に整えるか、対面での手続きを選ぶ必要があります。
なお、ITに不慣れだと電子契約にあたっての対応方法や操作方法がわからず、通常よりも負担が重くなる恐れもあります。

賃貸物件を電子契約で借りるデメリット

まとめ

賃貸物件を借りる際にこれまで対面でおこなわれていた手続きを、オンライン上で終わらせる方法を電子契約と呼びます。
入居手続きを手軽に済ませられるなどのメリット、相応のインターネット環境が必要といったデメリットをそれぞれご確認のうえ、必要に応じて活用してみてください。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”賃貸物件の選び方”おすすめ記事

  • 「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?の画像

    「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?

  • 駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとはの画像

    駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとは

  • 家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!の画像

    家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!

  • オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介の画像

    オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介

  • 子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介の画像

    子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介

  • 賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介の画像

    賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介

もっと見る