賃貸借契約における重要事項説明とは?確認すべき項目をご紹介の画像

賃貸借契約における重要事項説明とは?確認すべき項目をご紹介

賃貸物件の選び方

賃貸借契約における重要事項説明とは?確認すべき項目をご紹介

部屋を借りるときには、さまざまな手続きが必要です。
言われるままになんとなく手続きを進めていくと、あとで後悔する可能性もあるので注意が必要です。
今回は、賃貸物件を借りる際におこなわれる重要事項説明とはどのようなものか、特徴やポイントを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の契約時におこなわれる重要事項説明とは

重要事項説明とは、宅地建物取引法で定められているもので、借主に対して宅地建物取引士がおこなう説明のことです。
主に物件の内容や状態について説明することになっており、分かりやすく口頭で伝えなければなりません。
この説明をおこなうときには、あらかじめ内容を記された重要事項説明書というものを交付し、その内容に沿って進められていきます。
この説明は、借主が間違った判断で部屋の契約をすることを防ぎ、借主を守るためにおこなわれます。

賃貸物件を契約する際の重要事項説明書で確認したいポイント

重要事項説明書をおこなうにあたって、内容を記した書類が渡されますので、きちんと目を通しておきましょう。
この説明を受ける際に、とくにしっかり確認しておきたいポイントは以下のとおりです。

ライフラインの整備状況

生活に必要な水道や電気、ガスの整備状況がどうなっているのか、ガスは都市ガスとプロパンガスのどちらなのか、確認しましょう。

設備故障時の費用負担

ガスコンロや給湯器など、もともと部屋に設置されていた設備が故障したときに、修理費用を貸主と借主のどちらが負担するか把握しておくことが大切です。

解約時の申告期限

物件を解約したい場合、退去したい日のどれぐらい前までに申告しなければいけないかという解約予告期間が設けられていますので、知っておくようにしましょう。

賃貸借契約の重要事項説明をオンラインでおこなうIT重説とは?

近年のオンライン化の普及にともなって、重要事項説明もインターネットを通じておこなわれることが増えており、この方法をIT重説と言います。
IT重説はインターネットを利用して説明をおこなうのが特徴で、不動産会社などに足を運ばなくてもネット回線があれば自宅でも受けることが可能です。
IT重説を受けるためには、ネット回線とパソコンやスマートフォンなどの機器が必要という点にご注意ください。

賃貸借契約の重要事項説明をオンラインでおこなうIT重説とは?

まとめ

重要事項説明とは、賃貸物件の契約前に宅地建物取引士から口頭で受ける説明のことで、物件の内容や契約内容について書類を見ながら進んでいきます。
借主を守るための大切な説明なので、なんとなく話を聞くのではなく、ポイントを押さえてきちんと理解しておくようにしましょう。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!

”賃貸物件の選び方”おすすめ記事

  • 「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?の画像

    「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?

    賃貸物件の選び方

  • 駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとはの画像

    駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとは

    賃貸物件の選び方

  • 家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!の画像

    家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!

    賃貸物件の選び方

  • オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介の画像

    オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介の画像

    子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介の画像

    賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介

    賃貸物件の選び方

もっと見る