4人家族の間取りとは?それぞれの使い方を比較!の画像

4人家族の間取りとは?それぞれの使い方を比較!

賃貸物件の選び方

4人家族の間取りとは?それぞれの使い方を比較!

賃貸物件にはさまざまな間取りがありますが、4人家族で生活をすると使い方が異なってきます。
子どもの成長や性別、部屋の使い方によっても適した間取りが変わってくるでしょう。
生活の仕方を想定をしておくことによって物件を探すとき選びやすくなります。
そこで、4人家族でのさまざまな間取りの使い方についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

4人家族で2LDKの間取りの使い方を比較

2LDKは、2部屋に10畳以上のリビングダイニングキッチンがあるタイプです。
子どもが未就学児や小学校低学年の場合、子ども部屋を必要としないため、寝室1つと仕事部屋兼収納部屋を1つとしての活用が可能です。
しかし、子どもが成長するにつれて自身の部屋を欲しがる傾向にあるので、対応できるよう準備しておく必要があります。
その際は、LDKの使い方を考えて仕切るなどの工夫をすると、部屋が広くなくとも4人で快適に生活できる可能性があります。

4人家族で3LDKの間取りの使い方を比較

3LDKは、部屋が3つで10畳以上のリビングダイニングキッチンがあるタイプです。
こちらは間取りの使い方として、2つの方法があります。
1つ目は夫婦で1つの部屋と子ども1人につき1部屋ずつ分けるという方法です。
子どもの性別が異なる場合やもしくは年齢が離れている場合、1人ずつ部屋を分けたほうが良いでしょう。
2つ目は夫婦の寝室と仕事部屋、そして子ども部屋という使い方です。
子どもの年齢が近い、もしくは同性だった場合には同じ部屋を共有して使うこともできます。
さらに、子どもの成長に合わせて部屋を分けたり、使い勝手が良い利点があるでしょう。

4人家族で4LDKの間取りの使い方を比較

4LDKは、4人家族全員が個室で暮らせる間取りです。
夫婦または子どもが共同で個室を使う必要がないため、完全なプライベート空間を持てます。
自分の好きなように部屋をコーディネートして楽しむことも可能です。
また、衣類やアイテムなどが増えてきたときに、空いている個室があればクローゼットなどの収納空間としても利用できるでしょう。
しかし、家族に必要な間取りを考えないと、部屋が多すぎて無駄になってしまう恐れがあるため注意が必要です。

4人家族で4LDKの間取りの使い方を比較

まとめ

今回は4人家族におすすめの間取りについて、2LDKから4LDKまでの特徴や使い方について解説いたしました。
どの間取りでも、子どもの年齢や性別によってさまざまな使い方ができ、成長に合わせて間取りを変更することも可能です。
4人家族で部屋の間取りに困った際は、ぜひ今回の情報を参考にしてみてください。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


”賃貸物件の選び方”おすすめ記事

  • 「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?の画像

    「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?

    賃貸物件の選び方

  • 駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとはの画像

    駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとは

    賃貸物件の選び方

  • 家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!の画像

    家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!

    賃貸物件の選び方

  • オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介の画像

    オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介の画像

    子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介の画像

    賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介

    賃貸物件の選び方

もっと見る