安心して暮らせると人気の女性専用の賃貸物件の特徴について解説!の画像

安心して暮らせると人気の女性専用の賃貸物件の特徴について解説!

賃貸物件の選び方

安心して暮らせると人気の女性専用の賃貸物件の特徴について解説!

近年、空き巣やストーカーなどの犯罪が多く発生しています。
なかでも、女性で一人暮らしをしている方が、ターゲットになりやすい傾向があります。
そこで今回は、安心して暮らせる女性専用賃貸物件の特徴とメリットとデメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

女性専用賃貸の特徴とは?

女性専用賃貸物件とは、女性が安心して暮らせるように、入居者が女性に限定されていたり、セキュリティが強化されている物件のことです。
女性限定とはいえ、大きな荷物を運んだり男手が必要になったりすることもあるかもしれません。
そのようなときは親族の男性であれば賃貸物件に入ることを認めるなどの、条件を決めている賃貸物件もあります。
マンションやアパートごとに、規約や条件はさまざまです。
契約を交わす際に、重要事項説明書や賃貸借契約書をよく確認しましょう。

女性専用の賃貸物件に住むメリット

女性専用賃貸物件に住むメリットは、セキュリティが強化されている点です。
女性専用賃貸物件は、犯罪を軽減することを目的にしているため、オートロックや防犯カメラ、ピッキングされにくい鍵など、セキュリティ面が充実しています。
また、女性が住みやすい環境も目指しているので、女性に嬉しい設備が多く完備されているのもメリットといえるでしょう。
たとえば、広めのクローゼットやシューズボックス、浴室乾燥機などが挙げられます。
生活リズムや防犯面に配慮して外に洗濯を干せない方でも、浴室で洗濯を干せるのは安心ですよね。
さらに、賃貸物件の外観やお部屋の内装がおしゃれなものが多いこともメリットのひとつです。
デザイナーズマンションやコンセプトのある物件など、お気に入りの部屋と出会えるかもしれません。

女性専用の賃貸物件に住むデメリット

女性専用の賃貸物件には、多くのメリットがありますが同時にデメリットも存在します。
まずデメリットとして挙げられるのは、周辺の賃貸物件より家賃が高いことが多い点です。
セキュリティや外観・内装をおしゃれにしたり便利な設備を付けたことで、建築費がかかっていることが原因といえます。
上記でも触れましたが、賃貸物件の敷地内に男性が立ち入り禁止な点も、場合によってはデメリットになるでしょう。
重たい荷物を運びたいときなど、男性の入室が許可されなければ、女性のみで運ばなくてはなりません。
また、女性専用の賃貸物件数が少ないこともデメリットとして挙げられます。
女性専用の賃貸物件は、一般的な賃貸物件より数が少ないが需要は高い傾向にあります。
女性専用賃貸物件は、安心して暮らすことができる一方で探すのが難しいのが現状です。

女性専用の賃貸物件に住むデメリット

まとめ

女性専用の賃貸物件とは、女性が安心して暮らせる環境が整っているマンションやアパートなどです。
男性の出入りに関しては、賃貸物件ごとの規約や条件があるので契約前に確認をしておきましょう。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


”賃貸物件の選び方”おすすめ記事

  • 「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?の画像

    「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?

  • 駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとはの画像

    駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとは

  • 家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!の画像

    家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!

  • オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介の画像

    オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介

  • 子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介の画像

    子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介

  • 賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介の画像

    賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介

もっと見る