賃貸物件におけるフローリングの原状回復についてポイントを解説の画像

賃貸物件におけるフローリングの原状回復についてポイントを解説

賃貸物件の選び方

賃貸物件におけるフローリングの原状回復についてポイントを解説

アパートなどの賃貸物件を借りている方にとって、退去時にどの程度敷金が返ってくるかは気になるポイントです。
とくに傷が付きやすい床の場合、入居者が修繕費用を負担するケースも少なくありません。
今回は、賃貸物件の原状回復義務とはどのようなものか、また、経年変化とみなしてもらえる状態や現状回復費用の相場について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でトラブルの原因になりうる原状回復義務とは

賃貸物件の原状回復義務とは、借りていた部屋を退去するときに、入居時と同じ状態に室内を戻すための義務です。
ただし、元どおりにするということではなく、入居者の故意や過失によるものや注意義務違反、まちがった使い方による破損によって起きたものの修繕に限ります。
ただし、明確な基準があるわけではないため、どの部分までが入居者の負担になるかでトラブルが起きる可能性があります。
できるだけトラブルを回避するために、国土交通省や東京都ではガイドラインを作成しています。
ガイドラインには修理代金の負担者について細かく明記されているため、いざというときのために目を通しておきましょう。

賃貸物件のフローリングで経年変化はどこまで認められる?

賃貸物件のフローリングは、どこまでが経年変化として認められ、どこからが入居者の責任によるものになるのでしょうか。
ガイドラインによると、キャスター付き家具や引っ越し作業によって床に傷ができた場合は、入居者負担ということになります。
一方、家具を置いたことでカーペットやクッションフロアに設置した跡ができた場合は経年変化となり、大家さんの負担とされています。
また、フローリングの日焼けによる色あせは自然に起きることのため大家さんが負担しますが、入居者が窓を開けたままでいたために床が変色した部分は入居者が負担しなければなりません。

賃貸物件のフローリングにおける原状回復費用の相場

水分をこぼしたことでできてしまったシミやカビ、家具の移動による傷や凹み、窓を開けっぱなしにして雨が吹き込んだことによる変色や傷みなどは、入居者の負担となります。
フローリング張り替えが必要な場合、6畳でおよそ10~15万円が原状回復費用の相場です。
また、畳の交換方法には「裏返し」「表替え」「新調」の3種類があります。
裏返しで4,000円、表替えは5,000円、新調するなら1万円前後です。
壁や天井のクロスの張り替えに6畳でおよそ4,000円~5,000円、設備や鍵の交換でおよそ1万円~2万5,000円となります。

賃貸物件のフローリングにおける原状回復費用の相場

まとめ

賃貸物件の原状回復義務とは、入居者の扱い方が原因で室内の修繕が必要になった場合、元どおりにしなければならない入居者の義務のことを言います。
大家さんと入居者のどちらが負担をするかでトラブルにならないよう、ガイドラインや賃貸借契約書類にあらかじめ目を通しておくことが大切です。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!

”賃貸物件の選び方”おすすめ記事

  • 「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?の画像

    「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?

    賃貸物件の選び方

  • 駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとはの画像

    駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとは

    賃貸物件の選び方

  • 家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!の画像

    家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!

    賃貸物件の選び方

  • オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介の画像

    オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介の画像

    子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介の画像

    賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介

    賃貸物件の選び方

もっと見る