広さ20畳のリビングの実態を知ろう!具体的な坪数やメリットとデメリットの画像

広さ20畳のリビングの実態を知ろう!具体的な坪数やメリットとデメリット

賃貸物件の選び方

広さ20畳のリビングの実態を知ろう!具体的な坪数やメリットとデメリット

広さ20畳のリビングと聞くと、なかなか広いリビングだというイメージを持てるでしょう。
しかし、何坪あるのか、どのようなメリット・デメリットがあるのか、思い浮かぶ方は少ないと思います。
今回はそれらについてお答えしますので、ぜひ最後までお読みください!

弊社へのお問い合わせはこちら

広さ20畳のリビングって何坪相当?実は地域によって異なる!

広さ20畳のリビングが具体的に何坪相当なのか、というのは地域によって異なります。
その理由は、坪数は1坪=約3.306㎡換算で計算されるのですが、畳のサイズは地域によって違いがあるため、同じ20畳でも面積が違うからです。
たとえば関東地方を中心に使われている江戸間なら20畳で9.37坪ですが、愛知や岐阜・三重などで使われている中京間だと20畳で10.02坪になります。
そして広島や山口で使われている六一間だと20畳で10.35坪、集合住宅によく使われている団地間だと20畳で8.74坪です。
六一間と団地間では約1.6坪もの差がありますが、たとえ団地間換算であったとしても20畳ならばそれなりの広さになります。

広さ20畳のリビングで得られる主なメリットとは?

広さ20畳のリビングはなかなか広く、空間に余裕があり、開放感が得られます。
広いリビングには大きな窓もあるため、明るい雰囲気の部屋になるでしょう。
ソファを2台置くこともでき、その他の家具を自由にレイアウトできる余裕もあります。
また、ちょっとしたホームパーティーならリビングだけでひらけるのも、20畳という広さあってこそのメリットです。

広さ20畳のリビングのデメリットは?

広さ20畳のリビングは前述のとおり多くのメリットがありますが、もちろんデメリットがないわけではありません。
たとえば、広いため家具を自由にレイアウトできることがメリットですが、広すぎてレイアウトに迷ってしまう、やりにくさを感じるなど、デメリットと感じてしまう方もいます。
また、広いために掃除に手間がかかる、エアコンも高出力の機種が必要となり光熱費が高くなるという点もデメリットといえるでしょう。

広さ20畳のリビングのデメリットは?

まとめ

広さ20畳のリビングは開放感があって家具のレイアウトも自分好みにやりやすい、ホームパーティーもひらけるなど、数多くのメリットがありますが、光熱費や掃除などの面では多少のデメリットもあります。
広さ20畳のリビングがあるマイホームを検討する際は、その広さをうまく活用できるかどうかを考えてみることをおすすめします。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


”賃貸物件の選び方”おすすめ記事

  • 「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?の画像

    「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?

    賃貸物件の選び方

  • 駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとはの画像

    駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとは

    賃貸物件の選び方

  • 家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!の画像

    家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!

    賃貸物件の選び方

  • オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介の画像

    オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介の画像

    子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介の画像

    賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介

    賃貸物件の選び方

もっと見る