賃貸物件選びで二人暮らしにおすすめは?間取りについてのポイントをご紹介の画像

賃貸物件選びで二人暮らしにおすすめは?間取りについてのポイントをご紹介

賃貸物件の選び方

賃貸物件選びで二人暮らしにおすすめは?間取りについてのポイントをご紹介

新しく二人で生活をはじめる場合には、自分たちの生活スタイルに合った間取りの選択に迷うことがあるかもしれません。
どんなところに注意して、どのような間取りの賃貸物件を選ぶと良いのでしょうか。
ここでは、二人暮らしの間取り選びのポイントについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で二人暮らし!同室で過ごす間取りやメリットとは?

二人暮らしをする方のなかには、長時間一緒にいたい方もいれば、それぞれが自分の時間を大切にしながら暮らしたい方もいると思います。
いつも同室で過ごしたい方は、1DKや1LDKがおすすめです。
1DKは、小さめのダイニングキッチンと居間がある間取りになっていて、多くの時間を二人で共有することになります。
同棲生活をされる方にもおすすめの間取りですが、自分だけのスペースが取りにくいといったデメリットや、二人暮らしが可能な賃貸物件があまり多くないことが注意点です。
メリットは、家賃を抑えた暮らしができるところです。
1LDKは、広めのリビングダイニングキッチンと、居間があるつくりになっています。
ほどよい距離感を保ちながら生活できたり、くつろぎ空間と寝室を分けて使いやすかったりするため、二人暮らしにおすすめと言えます。
ただし、家賃が高めになっているところも多いので、そこが注意点と言えるでしょう。
また、1DKも1LDKも、リモートワークをされる方にはあまり向いていないと言えそうです。
そのあたりにも注意しながら、賃貸物件を探しましょう。

賃貸物件で二人暮らし!別室で過ごす間取りやメリットとは?

二人それぞれが自分の部屋を使えるのが、2DKや2LDKの魅力です。
2DKであれば、一緒に食事をしたりくつろいだりするスペースのほかに、2つの部屋があるため、いろいろな使い方ができます。
比較的家賃が安いところも多いので、そこにメリットを感じる方もいるようです。
また、2LDKは、2部屋あるほか、リビングダイニングキッチンが広々しているため、食事をしたりゆったりとくつろげるだけでなく、友達が宿泊する場合などにもスペースを利用できます。
このように使い勝手の幅が広いという理由から、2DKや2LDKの間取りは人気がある物件になっています。
それぞれが別室で眠ることもできるほか、一部屋を寝室にして、もう一部屋を仕事部屋にするといった使い方もできるので、リモートワークをする方にもおすすめの間取りだと言えそうです。

まとめ

賃貸物件で二人暮らしをはじめる方は、間取りにも注目して検討することが大切です。
これから二人で暮らせる賃貸物件を検討されている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

・刈谷市の物件一覧はこちら

”賃貸物件の選び方”おすすめ記事

  • 「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?の画像

    「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?

    賃貸物件の選び方

  • 駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとはの画像

    駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとは

    賃貸物件の選び方

  • 家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!の画像

    家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!

    賃貸物件の選び方

  • オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介の画像

    オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介の画像

    子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介の画像

    賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介

    賃貸物件の選び方

もっと見る