部屋の方角における鬼門や裏鬼門とは?東西南北それぞれの向きの特徴も解説の画像

部屋の方角における鬼門や裏鬼門とは?東西南北それぞれの向きの特徴も解説

賃貸物件の選び方

部屋の方角における鬼門や裏鬼門とは?東西南北それぞれの向きの特徴も解説

マンションやアパートなどの部屋は方角によって住み心地が変わるうえ、古くから避けられてきた方位もあります。
部屋選びに失敗したと後悔しないよう、方角に関するポイントは事前に押さえておくのがおすすめです。
今回は、部屋選びの際に気にされやすい鬼門と裏鬼門のほか、東西南北それぞれの向きのメリット・デメリットもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

部屋の方角を考える際に気を付けたい鬼門と裏鬼門とは?

鬼門と裏鬼門は古くから不吉だとして避けられてきた方角であり、前者は北東、後者は南西を指します。
間取りの吉凶をみる家相においては、運気を上げたり不幸を避けたりするため、両方角には玄関・キッチン・トイレを設けないのが良いとされています。
鬼門や裏鬼門だからといって、実際に何か問題が起きるとは限らないものの、吉凶を重視する方からは両方角が避けられることも少なくありません。
各部屋においてどの方角が鬼門や裏鬼門にあたるのかは、まず部屋の間取り図で中心点を決め、各方位を角度で表すとわかりやすいです。
現代の単位では15~75度が鬼門、195~255度が裏鬼門にあたります。

部屋における東西南北それぞれの方角のメリット

東向きは朝日が差し込むおかげで自然と早朝に目が覚めやすく、早寝早起きの健康的な生活を送れます。
西向きは午後になると日光が当たって洗濯物がよく乾くうえ、冬場には西日で部屋が暖まって快適です。
南向きはとくに日当たりが良いために、日中は時間帯を問わず洗濯物がよく乾くうえ、昼間はあまり照明を使う必要もありません。
冬場には部屋が暖かくて暖房の効率も上がりやすく、快適に過ごせるでしょう。
北向きは日当たりがあまり良くないおかげで夜型の生活リズムを作りやすいうえ、夏場でも涼しく暮らせます。

部屋における東西南北それぞれの方角のデメリット

東向きは朝日の明るさでどうしても早朝に目が覚めやすく、昼まで寝ていたいときや夜型の生活を送っているときにはやや不便です。
西向きは夕日が眩しいうえ、夏場になると午後に部屋が蒸し暑くなってつらく感じることがあります。
南向きは日差しの影響で夏場は暑いうえ、家具やインテリアなどが日焼けしやすいでしょう。
また、一般的に南向きは人気が高いので、家賃相場がやや高くもあります。
北向きは基本的に日当たりが悪いために室内に湿気が溜まりやすく、さらに冬場には寒く感じます。
各特徴をよくご確認のうえ、ライフスタイルに合った方角を選んでみてください。

まとめ

部屋の方角として古くから敬遠されてきた鬼門は北東、裏鬼門は南西のことであり、現在でも避ける方はいらっしゃいます。
また、東西南北それぞれの方角にメリットとデメリットがあるため、各特徴をもとにライフスタイルに合った部屋を選ぶことをおすすめします。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

刈谷市の物件一覧はこちら

”賃貸物件の選び方”おすすめ記事

  • 「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?の画像

    「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?

  • 駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとはの画像

    駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとは

  • 家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!の画像

    家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!

  • オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介の画像

    オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介

  • 子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介の画像

    子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介

  • 賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介の画像

    賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介

もっと見る