賃貸物件の契約期間について知っておきたいポイントを解説の画像

賃貸物件の契約期間について知っておきたいポイントを解説

賃貸トラブル

賃貸物件の契約期間について知っておきたいポイントを解説

部屋を借りる場合、契約期間というものが決められているのが一般的です。
では、この契約した期間よりも長く住みたい場合や、反対に短い期間で退去したい場合にはどうすれば良いのでしょうか。
今回は、物件を借りる期間について知っておきたいポイントを解説していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の契約期間が2年で設定されていることが多いのはなぜ?

実際に部屋を借りたことがある方はご存じだと思いますが、多くの物件で契約の期間は2年に設定されています。
これはなぜでしょうか?
物件の貸主と借主で締結される賃貸借契約には、普通借家契約と定期借家契約があります。
普通借家契約の大きな特徴は、契約の期間が過ぎたら契約をし直してその後も住み続けていくことができるという点です。
この契約では、期間を2年とするのが一般的です。
これに対して定期借家契約では期間が過ぎたら更新なしとなっており、決められた期限が来たら契約終了となります。
定期借家契約の場合、期間が1年未満や3年など、物件によってさまざまです。
気に入った家に長く住み続けたい、短い期間だけ借りたいなど、ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

賃貸物件の契約期間を更新したいときの費用や注意点について

借りていた部屋の期間を満了しても、さらに同じ部屋を借り続けたい場合にはどうすれば良いのかご紹介します。
同じ物件に住み続けたい場合、契約のし直しをする必要があり、2年に一度手続きをするというのが一般的です。
更新の時期が近づくと、手続きのための通知が届くことが多いため、必要な手続きをおこないましょう。
契約のし直しをする場合、費用を支払うところが多くありますが、地域によっては更新料なしというところもあります。
ほとんどの物件が費用を必要としている関東地方に対して、関西地方では費用なしのところが多く見られます。

賃貸物件の契約期間を待たずに途中解約することは可能?

もし、決められた期間よりも早く退去する必要が出てきた場合、途中解約をすることは可能なのでしょうか。
決められた期間よりも短い期間で解約したい場合、できるだけ早めに大家さんや管理会社に連絡し、手続きをする必要があります。
物件によっては違約金を支払うとしているところもあります。
途中解約の場合いつまでに連絡をする必要があるか、違約金を支払う必要があるか、賃貸借契約書を見て確認しましょう。

まとめ

賃貸物件ではほとんどのところが2年という契約期間が決められています。
期間を過ぎても住み続けたい場合には更新手続きが必要です。
反対に期間内に途中解約したい場合、早めに連絡をして手続きをするようにしましょう。
契約を締結した際に、賃貸借契約書にきちんと目を通して契約の期間について把握しておくことが大切です。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸トラブル”おすすめ記事

  • 賃貸物件の初期設備とは?破損したときの対応や注意点を解説!の画像

    賃貸物件の初期設備とは?破損したときの対応や注意点を解説!

    賃貸トラブル

  • 賃貸物件を借りるために行われる入居審査について解説の画像

    賃貸物件を借りるために行われる入居審査について解説

    賃貸トラブル

  • 賃貸物件にコバエ発生!その原因や駆除方法および発生の予防策とは?の画像

    賃貸物件にコバエ発生!その原因や駆除方法および発生の予防策とは?

    賃貸トラブル

  • アパートに蟻が大量発生した時の駆除方法とは?発生の理由や対策をご紹介の画像

    アパートに蟻が大量発生した時の駆除方法とは?発生の理由や対策をご紹介

    賃貸トラブル

  • アルミサッシの窓を使った賃貸物件で寒さ・結露対策する方法をご紹介の画像

    アルミサッシの窓を使った賃貸物件で寒さ・結露対策する方法をご紹介

    賃貸トラブル

  • シバンムシとは?発生源や駆除方法・対策を解説!の画像

    シバンムシとは?発生源や駆除方法・対策を解説!

    賃貸トラブル

もっと見る