アパートとマンションの違いとは?それぞれに向いている方も解説の画像

アパートとマンションの違いとは?それぞれに向いている方も解説

賃貸物件の選び方

アパートとマンションの違いとは?それぞれに向いている方も解説

部屋探しをする際、アパートとマンションのどちらを選べば良いのか、迷ったことはありませんか?
この両者の違いがはっきり分からないと、自分にどちらが向いているか、判断が難しいですよね。
そこで今回は、アパートとマンションの違いや特徴、それぞれに向いている方について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

アパートとマンションの違いとは

アパートとマンションは、建築基準法などの法律によって定義が決められているわけではありません。
大家さんや不動産会社の裁量で、アパートとマンションのどちらにするか決めることができるのです。
建物の構造や規模、建築資材による判断基準はありますが、この基準も統一されていません。
また、同じ共同住宅でも、不動産会社や地域によって呼び方が異なる場合もあります。

アパートとマンションのそれぞれの特徴とは

アパートは2~3階建ての建物が多く、建物構造は軽量鉄骨造やプレハブ造、木造であることが一般的です。
このタイプの住宅は建築コストを低く抑えられるため、家賃が安いという点が大きなメリットです。
また、木造の場合は通気性が良く結露やカビが発生しにくい一方、耐震性が低いというデメリットがあります。
マンションは3階建て以上の建物が多いため、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造が一般的です。
このタイプの住宅のメリットは、建物の基礎がしっかりしているため、耐震性に優れている点です。
また、コンクリートは耐火性や防音性が高いという特徴もあります。
マンションの多くは、共用部分が充実していたり設備が豊富だったりと、長く快適に暮らせるように工夫されています。
ただし、気密性が高いため結露やカビが発生しやすい、家賃が高いという点がデメリットです。

アパートに向いている方とマンションに向いている方とは

アパートに向いているのは、家賃をできるだけ安く抑えたい方だといえます。
また、部屋数が少ない小規模な建物が多いため、住人同士が顔見知りとなりやすいでしょう。
そのため、ご近所付き合いを好む方におすすめです。
マンションに向いているのは、オートロックや防犯カメラなどのセキュリティ面をはじめとした設備が整っていることを重視する方です。
また、隣近所の音が聞こえにくい静かな環境を好む方は、造りがしっかりしているマンションがおすすめです。

まとめ

アパートとマンションには明確な定義がないため、大家さんや不動産会社によって呼び方が異なります。
構造や規模、設備によって分けている場合が多いので、両者の違いや特徴を把握したうえで、自分に適している方を選ぶようにしましょう。




この記事の執筆者

このブログの担当者  山本 浩充

クラスホーム ブログ担当
【 不動産業界歴:16年】

長い業界歴を活かして、お客様のお部屋探しをサポートいたします。三河エリア12年、名古屋エリア4年とお部屋探しに携わってきた経験をもとに、ヒアリングやご提案をさせていただきます。 クラスホームでのお部屋探しで、理想の暮らしを見つけましょう!


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸物件の選び方”おすすめ記事

  • 「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?の画像

    「駅徒歩20分」の賃貸物件は不便?実際の距離は?

    賃貸物件の選び方

  • 駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとはの画像

    駅徒歩10分の賃貸物件のメリットとデメリットとは

    賃貸物件の選び方

  • 家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!の画像

    家具家電レンタルとは?利用するメリットとデメリットについて解説!

    賃貸物件の選び方

  • オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介の画像

    オートロックの賃貸物件に住む重要性?置き配や救急車の対応についてご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介の画像

    子育てファミリー層におすすめな賃貸物件の特徴をご紹介

    賃貸物件の選び方

  • 賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介の画像

    賃貸物件の部屋探しをするときの全体的な流れをご紹介

    賃貸物件の選び方

もっと見る